異能vation イベントに参加してきました

今年も総務省が推進する2019年度「異能vation」プログラムのイベントに参加してまいりました。

ジェネレーションアワード部門へのノミネート2件と過去の採択案件の展示デモで参加させていただきました。
特に展示デモはご盛況いただき、新たな分野への応用や現状の課題などを客観的に見つめ直す機会ともなりましたこと、この場をお借りしましてご来場いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

ジェネレーションアワード部門へのノミネート案件につきましては、残念ながら受賞とはなりませんでしたが、今後も多彩な分野で役立つアイデアを具現化してまいります。
ノミネート案件の「プリウス避け」、「キャッシュレス両替システム」につきましては、今後のマッチングプログラムも活用しつつ、当Webサイトでも概要だけでも後日ご紹介させていただければと思っております。

異能vationの素晴らしさは進藤元総務大臣をはじめとする多くの政府関係者、実施機関、そして採択者の皆様が志を同じくする場を提供していただけることにあると痛感しております。
素晴らしい繋がりに甘んじることなく、今後もさらなる成果とイノベーションを目指してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)