Webリモート画面共有システムを構築いたしました

あさがおねっと様のご依頼で、Webリモート画面共有システムを構築いたしました。

パソコン教室などの生徒向け画面監視システムは専用アプリが主流ですが、インストールや更新作業が不要なWebでの構築は運営上のメリットも大きいものです。
画面共有にはWeb APIとして提供されているMediaDevicesインターフェースを使用しております。
現状、対応のWebブラウザがGoogle Chromeなど一部に限られていますが、必要に応じてフルスクリーンやピクチャー・イン・ピクチャー表示に対応するなど、専用アプリに遜色ない機能を有しております。

生徒側とのコミュニケーションはWebRTCを使ったビデオチャット機能も用意していますが、回線帯域も配慮して通知機能を有したテキストチャットも用意しています。
また先生不在時や教材配信にも対応するため、YouTubeのビデオ配信機能も装備しており、こちらを使えば動画受信のみでやりとりすることが可能です。

なお、MediaDevicesインターフェースは画面共有はできますが、生徒側パソコンの操作には対応しておらず、その部分はAnyDeskで対応する形をご提案しています。
多人数をWebリモート画面共有システムで監視しつつ、生徒パソコンのリモート操作が必要な場面ではP2P接続で対応する運用を推奨しております。
今回は生徒間のコミュニケーションは不要となっていますが、必要に応じて生徒からのビデオ配信や画面共有を先生の指示・操作でご提供することも可能です。

パソコン教室以外でも会社の小規模リモートワークや商談、拠点間会議などにも応用ができるシステムです。
ご興味がおありの方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)